Qプラススポーツ部 ベスト8激突「糸満 対 美来工科」

シード撃破の美来工科の前に…

目指すのはただひとつ「長い夏」

第1シード・KBC未来沖縄を下し、勢いに乗る美来工科に糸満が挑んだこの試合。先制したのは糸満でした。

Qプラススポーツ部 糸満 対 美来工科

3回、満塁のチャンスを迎えると、打席には8番・金城龍史郎(きんじょう・りゅうしろう)

走者一掃のタイムリー3ベース!3対0、糸満が一気に試合の流れを引き寄せます。

7回にも、相手のミスを誘い、チャンスを作った糸満、打席には再び8番・金城!

この回にも3点を加えた糸満が、6対0と美来工科を引き離します。

しかし、第1シードを撃破した美来工科。続く7回ウラに1点を返すと、5点を追いかける9回ウラ、2アウトからの粘りを見せます。

3本のヒットと相手のミスも誘い、2点を加え3点差に!きのうの粘りの試合がよみがえります。

Qプラススポーツ部 糸満 対 美来工科

しかし、最後は糸満、2番手の辺士名に打ち取られ、美来工科の夏が終わりました。

Top