めざせ甲子園!(13) 中部農林

全員野球で夏の勝利を

新監督を迎え、活気づくチームは全員野球で念願の勝利を目指します!

グランドに元気な声が響くのは、中部農林高校。他校からもお墨付き!ただいま、急成長中のチームです。主力は、投手・竿山拳史朗(さおやま・けんしろう)くん。鋭い腕の振りから生まれるキレのあるスライダーが武器です。

めざせ甲子園!(13) 中部農林

中部農林3年大城朝士主将「結構ピンチの場面ででる場合が多くて、その場面でもしっかり押さえてくれるので、拳史朗が投げてくれたら心強いです」

チームメイトから信頼を得ている竿山くんは、中部農林高校に併設された特別支援学校に通う3年生。この夏、ある夢が叶い、練習にも力が入っています。

特別支援学校の選手の公式戦出場を巡っては、6年前、特例として、全国で初の公式戦出場を果たしました。

沖縄特別支援学校照屋陽選手(当時)「このチームでできてうれしかったです。勝てなかったんですけど、この3年間野球をやめないで続けて良かったなと思います」

こうした選手の頑張りなどもあり、去年春、公式戦出場が「正式に」認められ、竿山くんはこの夏、念願のエースナンバーを背負います。

めざせ甲子園!(13) 中部農林

中部農林3年竿山拳史朗選手「みんなの支えがあったからこそ試合に出られたと思います。エースとったからには、夏このチームで一勝できるようにこのチームでがんばりたいと思いました」

そのエースを支える心強い女房役もいます。キャッチャーの新里晃生(しんざと・こうき)くんです。

中部農林2年新里晃生選手「ストレートも最近から球威がまた上がってきて、練習試合でもよく抑えられるようになってますし、変化球も投げて欲しいところにちゃんと投げてくれますし、やっぱり受けてて楽しいですね!」

そして新里くんは打撃でもチームの3番を任せられる頼れるバッターでもあります。そんな彼らにこの春追い風が。八重山高校を初の県大会優勝に導いた仲里真澄(なかざと・ますみ)監督が去年秋に就任します。

めざせ甲子園!(13) 中部農林

仲里真澄監督「僕が理想とする高校野球とは程遠いチームなんですけど。礼儀の面だとかあいさつの面だとか全力疾走するだとか、声をだすとこだとかですね。そういうところではまだまだなところはあるんですけど、本当にちょっとずつ一歩ずつレベルアップしてきた。まさに高校野球の原点のようなチームかなとそういう風にみています」

因みに、まだのんびりしたところがあって、部室に掲げられた目標を見せてもらうおうと、オジャマすると・・・

「甲子園出場が目標でした!が、行方不明です!」

監督の就任で、練習でも試合でもチームの雰囲気が変化しています。

めざせ甲子園!(13) 中部農林

中部農林3年大城朝士主将「野球に対する気持ちがみな今まで暇つぶしっていったらアレなんですけど、遊びで(野球を)やってるって感じだったんですけど、今は夏で一勝、勝ちたいっていう、勝ちにこだわっている練習をしています」

チームは今、1年生8人が加わり、部員は18人となり活気がでています。公式戦で勝利が遠ざかっている中部農林高校。まずは1勝!その目標に向かって、全員野球でこの夏に挑みます!

中部農林3年竿山拳史朗選手「最後まで諦めないで全力投球したいです。応援してくれてる方たちに一勝を見せれるように良い試合にしたいです」

中部農林2年新里晃生選手「3番バッターとしてチームの得点に絡むようなバッティングをしたいと思っています」

中部農林3年大城朝士主将「恩返しができるようなプレーをしたいと思います」

「絶対勝つぞ!オー!」

Top