夏の高校野球沖縄大会 準々決勝(2)

【宜野座対美来工科】

夏の高校野球沖縄大会 準々決勝(2)

第3シード美来工科対宜野座。3-1、美来工科2点リードで出迎えた9回ウラ。

ここまでヒットを4本に抑えていたエース山内慧。粘る宜野座に2者連続ヒットを許すなど1打同点のピンチを迎えます。2者連続ヒット

最後は渾身のストレート。2者連続三振で仕留め、美来工科がベスト4進出です。

【宮古対興南】

宮古から初の甲子園を!!スタンドの応援団とともに迎えた宮古の準々決勝。対するは、第4シード興南。

夏の高校野球沖縄大会 準々決勝(2)

前日完封勝利をあげた、エース長嶺誉がマウンドに。前日の疲れが出たエースは、1回から1点を失うと、続く2回表、更に2点を失い、点差をつけられます。

そして4回・・・。ここでエースがマウンドを降ります。

長嶺誉選手「後は任せたと思い託しました」

悔しさで涙を見せたエース、その思いに仲間が応えます。登板した2年生ピッチャー与那覇達也が、その後は4回を無失点で抑えると、更に8回に登板したのは、友利元。エース長嶺とは、中学から共にピッチャーとして切磋琢磨してきました。

夏の高校野球沖縄大会 準々決勝(2)

友利元「誉が打たれたんで絶対抑えるという強い気持ちで」

長嶺の思いを誰よりも知る友利は、ヒットこそ許すものの2度のピンチをふせぎ追加点を許しません。投手陣の粘りに応えたい宮古打線。しかしその前に、興南の1年生左腕宮城大弥が立ちはだかります。

宮古ナインと投手2人の夏はここで幕を閉じました。

長嶺誉選手「(友利)元と二人で切磋琢磨して。2人でピッチャーとしてやってきてとても頼もしい存在です。良いライバルでした」