初勝利から一夜明け 嘉手納高選手たち

11日、甲子園で初勝利を挙げた嘉手納高校。一夜明けた12日朝も、興奮冷めやらぬ様子でした。

沼尻和樹アナウンサー「夏の甲子園、初勝利から一夜、嘉手納ナインはいつも通り朝6時の散歩からスタートしています」

初勝利から一夜明けた12日朝、選手たちは朝の散歩のあと、日課としているヨガで体をほぐすなど、これまで通りの朝を迎えましたが、心の中は勝利の喜びに満ちていました。

初戦4打点の幸地諒承選手は「きのうはたまたまああいう結果になったので、次の試合では気持ち切り替えて頑張りたいです」と話し「本当はたまたまって思ってないでしょ」との沼尻アナウンサーの問いに「はい。とても嬉しかったです」と笑顔で答えていました。また、きのう誕生日だった島袋泰志選手は「本当に最高なプレゼントでした」と笑顔で話していました。

選手たちは、自分たちの活躍が載った新聞記事を読むなどして、改めて勝利の喜びを噛みしめていました。

きょう12日は一日身体を休め、あす13日から来週火曜日に予定されている3回戦に向けて始動します。