嘉手納11日の初戦を分析

こんにちは、スポーツです。ついにきのう開幕した、夏の甲子園。嘉手納高校も、初めての夏の開会式に臨みました。全国49代表が、日本一を目指す夏の開幕。

「沖縄県代表、嘉手納高校」

代表校のトップを切って入場行進した嘉手納ナインはやや緊張した面持ちながらも、夏初めての甲子園の地を踏みしめていました。

一方、こちらも堂々の行進を見せた嘉手納の初戦の相手、前橋育英。そのほとんどが地元・群馬出身の選手です。

4日の組み合わせ抽選会で対戦の決まった両校。抽選会後、お互いの印象と意気込みを語りました。

前橋育英・小川龍成主将「非常にことしのチームは雰囲気が持ち味でどの高校が相手でも自分たちの雰囲気で自分たちのプレーができるので甲子園でもいつもどおりのプレーをしていきたいと思います。(嘉手納の)チームのことは全然わからないんですけど沖縄のチームとやることはなかなかないと思うので、そういうところはありがたいと思うので自分たちのプレーをするだけですね。」

嘉手納・大石哲汰主将「甲子園でも優勝しているチームなので、とても良いチームだと思っているので、それでも相手がどうのこうではなくて自分たちのプレ―をしっかりして全力プレーで頑張りたいと思っています。」

そして大石キャプテンからは頼もしい一言もありました。

嘉手納・大石哲汰主将「(Q.キャプテン自身はどんなプレーを見せたいですか?)フルスイングで観客を沸かせるようなスイングをして一発打てたらいいと思っています(Q.ということは、ホームラン?)はい、打ちます。」

両チームは大会5日目、順調に日程が進めば11日の第3試合で激突します

嘉手納が対戦する、前橋育英高校ですが3年ぶり2度目の夏の甲子園です。その前回出場した3年前に、夏の甲子園で優勝、さらにことしのチームは春の関東大会を制しています

16-08-08-sp04

その実績から見ると、強豪に間違いないんですが県大会の数字を見てみると、嘉手納も負けていません。

嘉手納も前橋育英も県大会ではともに6試合を戦いました。まず、打撃面ではチーム打率、前橋育英の2割5分7厘に対し、嘉手納が3割2分2厘、その他、得点の多さや三振の少なさも嘉手納が上回り、持ち前の爆発力に期待がかかります

一方、守備を見てみると失点は嘉手納が7、前橋育英が9エラーも1つ違いと、両チーム守りの良さが光ります。どちらが相手の堅い守りを破り点を奪うかが鍵を握りそうです。

16-08-08-sp05