2010年4月30日

業務報告 ニューフェイス

記入者: 石

 新年度が始まって一カ月。新入社員、新入生のみなさん、仕事や学校は慣れましたか?わが編成部にもニューフェイスが仲間に加わりました。
 

ニューフェイス

そっくりだ!! byゾコー画伯

 「おはようございま~す」。元気のいいあいさつから彼女の一日が始まります。前任者はおっとりとした落ち着いた女性で癒されましたが、新人は体育会系女子!それもそのはず、学生時代はバスケットの選手だったそうです。「娘と同い年か…」と思いながら、元気をもらっています。
 その彼女、この一カ月で特技が発覚。それは名前の聞き間違い。「○○さんからです」と電話を取り次いでくれるまではいいが、「ん?」と思いながら受話器を取ると全く違う「××さん」。電話を終えて名前の間違いを指摘すると、「あ、違いましたぁ~ハハハ」。私「・・・」。しばらく特技は続きそうです。
 バスケットでのポジションは、ガードフォワードだったらしい。ガードとフォワードを兼任できるユーティリティ・プレーヤー。ということは、もうしばらくしたら、編成を仕切るキーパーソンになっているかもしれません。期待しよう。うん。
 と、書いているそばから「お先に失礼しま~す」の声を残して、ダッシュで帰って行きました。ホントに突風のようなニューフェイスです。

【所見】
そうだったのか!?
ニューフェイスのあのスピード感ある動きは、バスケで培われたものだったのかとひとりで納得した次第です。
バスケットボールは、桃を入れる籠にボールを入れ合ったのがはじまりらしいですネ。ちなみに日本語では、籠球(ろうきゅう)というそうです。
沖縄では、野球も盛んですが以外にバスケットボールも盛んなのは、戦後のアメリカ文化の影響なんでしょうネ。
ところでフォワードの特性として、落ち着いたシュートが出来る、持久力がある、思い切りがよい点が必要なようです。
ニューフェイスは、編成のフォワードとして期待できそうです。(編成部員T)

次ページへ »

HTML convert time: 0.416 sec. Powered by WordPress ME

back to top