ハノイの日常の一コマ
2016年10月28日

脚本の下島さんがベトナム入りしました。沖縄とベトナムが大好きな下島さん。どちらも数え切れないほど通い詰めてます。そのせいか、羽田からベトナムに出発するはずが、なぜか沖縄に向かう感覚になり、羽田でパスポートを持ってないことに気がついたとか。慌てて家族に持ってきてもらい、事なきを得たそうです。今回のドラマには個性的な面々がそろっています。

ここはハノイの旧市街地。この日はこのあたりで撮影が行われました。

保育園や駄菓子屋さん、野菜売りの人たち、カフェ。古い建物が並ぶ街に、ハノイの人たちの生活を感じます。中にはフランス時代のコロニアル建築風?な建物も。2階は住まい、1階は店という感じです。間口は狭くて奧に長く、複数の世帯が住んでいるそうです。

この通りは大通りから一歩なかにはいったところ。店先では、近所の人たちが世間話をしていたり、住宅の窓際では定年退職したという男性が飼っている小鳥の世話をしていました。静かな人々の暮らしがあります。