2013年5月20日 月曜日

「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」のゴリさんへあったゆういちが聞く!!

staff @ 15:45:33

『こんにちわー』っとテンションが上がる元気な声と共に、芸人らしい軽快な動きで登場してくれたのは、ガレッジセールのゴリさん。
もうご覧になった方もいらっしゃると思いますが、5月11日土曜日に公開された映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』に
オカマのマサコちゃんとして出演したゴリさんにインタビューしましたよ。チネパラでゴリさんにインタビューするのは、これが3回目。
最初は、二代目MCの近藤みかさん。そして二回目がまっつんこと、松田さやかちゃん。なつかしいー。
三度目の今回はあったゆういちがインタビューする事に。

何故に僕?
オカマ役を演じたゴリさんに、お姉っぽい僕を当てたってこと?(笑)
そりゃ舞台とかで何度か女の人の役をした事もあるし、女子と喋る時は大抵お姉口調ですよ、だってその方が喋りやすいのよ、女の子と話す時は、だからといってお姉ではありません!
健全な『お・と・こ』ですから。(笑)
 
話を戻しますね。
ゴリさんにインタビューしたのは実は5月7日(火)。このインタビューが放送されるのは、6月14日(金)OAのチネパラ。
それを聞いたゴリさん『映画の公開が5月の11日で、インタビューの放送が6月…って事は一ヶ月後、おそっ!!!おっそっー!!!』と何度も突っ込んでいただきました。
ありがとうございます。(^_^)
ちがうか(^^;;
一ヶ月後の放送にも関わらず、そのあとのインタビューもユーモアタップリに応えていただきました。

沖縄国際映画祭では、探偵はBARにいる2の舞台挨拶にも登場し、さらに地域発信型プロジェクト『税金サイボーグ イトマン』では監督としても力量を発揮したゴリさん。
自身の監督業についても話を聞きましたよ。
芸人と監督って、クリエイティブな感覚としては共通のものがあるようで、ドンドン話が出てくる出てくる(^_^)
映画のオーディションで、ロシア人のポールダンサーが来て、ポールダンス踊りだしたとき、一応、「イイね!」って言うけど正直戸惑ったよっていう話とか、「撮影に入るまでの準備が大変なんだよぉ!」とかいろいろ話してくれました。
その語り口から、ゴリさん自身、次回監督として映画を創る意欲は満ち満ちているように感じました。
その時には僕も出してくださいって、言ったけど、もー忘れてるかなぁ(笑)
でも、何かのタイミングで共演できたら嬉しいです。
あと、探偵はBARにいるの橋本監督は『ド』がつくほど『S』ってボソッとボヤいてました。(^_^)
それから、ロケ地が札幌ということで撮影クルー含め出演者も北海道の美味しいものを食べていたようです。
しかし、ゴリさんだけは撮影が東京だったと、これは声を大にして苦情を言ってましたね。(笑)
本当に会話の端々に笑いがあるゴリさん、ずーっと楽しい雰囲気のままインタビューする事が出来ました。
ただ、ひとつの質問に対する話しが広がり過ぎて、こちらが聞きたかった話の半分しか聞けなかったっていう、オチまでついてきましたけど(笑)

インタビューが始まる前に、ビルの窓から見える景色を一望して一言『勝ち組の景色だな(^_^)』と言っていたゴリさん。
先輩は勝ち組です。
尊敬します。
あーあ、ゴロゴロ、ゴリさんの今度の監督作品では僕をBARの店長とかで使ってくんねーかなぁ(笑)
なんて妄想してみた(^_^)
 
終始笑いの耐えないインタビューでしたが、真面目に話す時はこれまた真面目に話してくれました。
このインタビューの全貌は、6月のチネパラで放送されます。
映画公開から一ヶ月後というものすごいおっそいタイミングだけど、面白いからいいと思いました。(^_^)
 
そして、ノンストップエンタテインメントムービー&感動しちゃう映画。
『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』はスターシアターズにて絶賛公開中です!
 
札幌のプライベートアイ、大泉洋さん演じる探偵と、松田龍平さん演じる相棒、高田の奇妙な絶妙コンビ。
そこに絡む、ゴリさん演じるオカマのマサコちゃん。
それから、尾野真千子さんが面白い。尾野さんも本当に旬だねぇ、いいね!
 
イッツア ショーターイム!!
 
映画は劇場で!
映画の裏話は6月14日(金)深夜0時20分からのチネパラで!見てね。
 
 
あったゆういち

コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

Leave a comment

Copyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.